株式会社ミツル建築工房

 倉敷市 重量鉄骨造 5LDKの邸宅

倉敷市 鉄骨造の家 大空間の邸宅

5LDK 延べ床面積:167.19㎡(50.57坪)
重量鉄骨造の邸宅です。柱と柱の間隔(スパン)が広く取れるために実現した大空間のリビングは、開放感にあふれ太陽の日差しが降り注ぐ明るい空間です。重量鉄骨造が可能にしたスケールの大きな家づくりは、お施主様のアイディアがたくさん盛り込まれた、見どころ満載のお家です。

倉敷市 鉄骨造の家 大空間の邸宅 内装

倉敷市茶屋町 鉄骨造の家内装の内装写真です。リビングは29帖の広々空間です。リビング上部は勾配天井の吹き抜け。リビング内の畳コーナーは6帖。障子でリビングと仕切ることができます。畳コーナーはリビングより高さを上げて、引き出し式の収納を設けました。

倉敷市 鉄骨造の家 大空間の邸宅 完成!お引渡し

倉敷市茶屋町の家は、重量鉄骨造の住宅です。本日無事に完成し、お施主様にお引渡しをさせていただきました。
重量鉄骨造の構造ならではの、大空間のLDKや吹き抜け、広い玄関やサンテラスなど、お施主様のこだわりがいっぱい詰まった家の完成です。

倉敷市 鉄骨造の家 大空間の邸宅 内部造作状況

倉敷市茶屋町(鉄骨造住居)の家では、外部の作業工程もほぼ完了し、足場解体も近日予定です。先日は1階トイレのカウンター(手洗い器を置く棚)が取り付けられました。
棚は「トチの木」の1枚板を用いた、お施主様のこだわりポイントです。

倉敷市茶屋町(鉄骨造住居)の家 外壁貼り状況

倉敷市茶屋町(鉄骨造住居)の家では、外壁貼り作業も進んでいます。南側にある木目調の貼りわけ部分も、仕上がってきています。今日はお施主様と現場に行ってきました。図面上ではイメージが難しかったリビングの大空間を、少しの時間ですが満喫されたのではないでしょうか。

倉敷市 鉄骨造の家 大空間の邸宅 JIOによる防水検査

倉敷市茶屋町(鉄骨造住居)の家では、検査機関JIOによる防水検査を受けました。JIO検査員の方が、防水シートがきちんと貼られているか、図面と照合しながら検査項目についてチェックをしていきます。

倉敷市 鉄骨造の家 大空間の邸宅 現場状況

倉敷市茶屋町(鉄骨造住居)の家は、屋根葺き工事が完了しています。切り妻(きりづま)の屋根形状で、ガルバリウム鋼板です。太陽光発電システムが搭載されます。

倉敷市 鉄骨造の家 大空間の邸宅 鎮物

倉敷市茶屋町の重量鉄骨造の家では、基礎工事も順調に進んでいます。基礎部の埋め戻しが終わり、砕石敷きが完了しました。本日は建物の中心に、地鎮祭の際にお預かりしていた「鎮物」を埋能いたしました。

倉敷市茶屋町(鉄骨造住居)の家 検査機関JIOによる配筋検査

倉敷市茶屋町の重量鉄骨造の家では、7日(水)に検査機関JIOによる「配筋検査」が実施されました。今後JIOによる検査は、「躯体検査」「防水検査」があります。

倉敷市茶屋町(鉄骨造住居)の家 鋼管杭工事

倉敷市茶屋町の家は「鉄骨造住居」です。家を支える杭を支持層まで地中に打ち込む工程の、「鋼管杭工事」が先日より始まりました。
鋼管杭とは、地中に打ち込む鋼製の杭のことです。支持力のある層まで杭を入れることで、確実にまた長期にわたって安定して構造物を支えるという技術です。